大根仕事と菜飯🎵Riz aux feuilles de radis blanc


日本帰国で嬉しいことの一つは、思う存分大根が手に入ること。

こんなにたくさん大根を一度に買ったのは、人生で初めて。

フランスでは実現できずにいた、タクアン作りのためです。

現在、全部で15本の大根を、天日で干しているところ。

3週間ほど干したら、糠に漬け込みます。

大根の葉がたくさんあるので、念願の菜飯を作りました。

フランスには、日本の大根の4分の1位の小さな黒大根があります、

しかし、葉っぱを切られた状態で売っているので、菜飯は夢の夢。

ついに長年温めた、菜飯の夢が叶いました。

茹でた大根の葉の鮮やさにうっとり。

炊きたて玄米に、生姜、白胡麻と一緒に混ぜるだけ。

生姜がなかったので、自分で作った紅ショウガをみじん切りにして代用。

出来上がり。

簡単、美味しい、日本のご飯は最高だなあ。

土鍋で炊いたご飯は、弾力があってふっくら。

しみじみおいしい。素朴なご飯が好き。

おにぎりにするのもいい。

余った冷やご飯は、ごま油でジュッと炒めて、和風チャーハン。

これ、最高でした。

大根仕事

3週間ちょっと干した大根たち。

簡単に半分に折り曲げられるようになったら、良い干し加減出そう。

たくあんに初挑戦。

ホウロウの大きな容器を用意しました。

昔ながらの、10年でも持つ、長期熟成の本物のタクアンを作りたいので、塩分は強め。

糠500gに塩500グラムを混ぜて、塩ぬかを作り、干した大根を漬け込みます。

まだ干している大根があるので、干し上がり次第、大根と塩ぬかを足します。

仕上げに、大根の葉っぱと塩ぬかを乗せて、重石を乗せて数ヶ月発酵させます。

また途中経過を報告します。

おろし醤油うどん

手作りうどんがおいし過ぎて、3日続けて作りました。

大根おろしと醤油で、シンプルにしょうゆうどん。

家で作るうどんは、ツルツルシコシコ。簡単、最高ですよ。


人気ブログランキング

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。ブログランキングに参加しました。↑ 応援のクリック、よろしくお願いいたします。🎵

海外からの日本入国情報 2021年11月29日現在

11月30日以降、全ての外国人の日本への入国が禁止、完全な鎖国状態になりました。

帰国者に対する検疫強化

海外からの日本帰国者については、検疫拘束が、再び強化されました。

検疫所の指定するホテルでの拘束
(1)待機なし→10日間待機 :アンゴラ
(2)3日間待機→6日間待機 :英国
(3)待機なし→6日間待機 :イスラエル、イタリア、オランダ
(4)待機なし→3日間待機 :オーストラリア、オーストリア、カナダ(オンタリオ州)、チェコ、
デンマーク、ドイツ、フランス、ベルギー、香港

外務省海外安全ホームページ より

ワクチン接種証明による検疫免除の停止

しばらく前に、日本帰国者は、ワクチン接種証明の提示することで、3 日間の検疫拘束がある国から帰国すした場合も、拘束が免除になる特典がありました。

しかし、12月1日から、これらの措置は全て停止されます。

2021年12月1日からの水際対策