蕎麦屋風カレーうどん🎵UDON au curry


2日目のおでん

前日に作ったおでんのつゆで、蕎麦屋風のカレーうどんを作りました。

みりんと醤油を足し、玉ねぎや野菜を加え、

沸騰したら、小麦粉を混ぜたカレー粉を入れる。

10分位煮込んで完成。

とろみは、小麦粉でつけました。

カレー粉と小麦粉は同量。

水で溶いてから加えると、ダマになりません。

ニンジンは皮付きのまま。

大根や厚揚げの味が詰まったおでんつゆ。

ザクザク切った小松菜がが合う。

再びうどん

またうどんを捏ねました。

今日も、菜箸で生地を伸ばしました。

力を入れすぎて、形がいびつになり、やり直し。

気を取り直して、そろそろ伸ばしました。

うどんは別の鍋で茹で、流水でしめてから、カレーに加えて温めました。

油無しでも、なめらか。野菜だけでも大満足。

うどんの代わりに、冷やご飯を入れてカレーおじやにしても、おいしい。

出来上がりに、ちよっと醤油を数滴。

右の瓶は、ニンニクの醤油漬け。1ヶ月漬け込むと、チャーハンやカレーに使えます。

kzré-udon

たっぷりのネギは、日本ならではの贅沢。

keré-udon

あつあつ最高。オススメです。

フランス人は猫舌なので、熱い出来立ての料理や飲み物を出すと、目をまん丸にしてびっくりします。

前日に作ったおでん

おでんうどん

カレーにぴったり、フランス元気野菜

フランスの自然栽培の野菜は力強い。

太陽をたっぷり浴びた夏の野菜たちは、エネルギーに満ちている。

量り売りのスパイス、潰したニンニクと煮込むと、極上のカレーになる。

野菜を溶けるまで火にかけ、海の塩を加えただけ。シンプル。

残ったら瓶詰めにして保存。冬の愉しみに大切にとっておく。

クリスマス。マーケット2021

2021年11月19日、フランスの多くの街で、2年ぶりにクリスマス市が復活しました。

2018年。ロレーヌ地方、メッスの大聖堂前のクリスマス市

出店者たちは、第5波の影響で今年も突然閉鎖に追い込まれるのでは、と不安に隠せない様子。

フランス人のとってクリスマスは、日本のお正月のような行事。

今年は平和で幸せなクリスマスになるよう、祈るばかりです。


人気ブログランキング

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。                         ブログランキングに参加しました。↓応援のクリックをよろしくお願いします。