アルザス・ロレーヌ地方 マスク事情


ストラスブールで5月15日、マスク着用義務が条例化されました。

アルザス地方の中心都市ストラスブールの旧市街

期間は限定で、5月15日から6月2日まで。 人が多く集まる朝10時から夜8時までの間、11歳以上の全てのの人が対象となりました。

感染状況によっては、延長の可能性もあるとのこと。

公共交通機関でのマスク着用は、すでにフランス全国で5月11日から義務となり、違反者の罰金は135ユーロです。

ストラスブール近郊の街 オベルネ

外出制限緩和後、多くのパリっ子たちがサンマルタン運河に密集して、祝杯をあげていましたが、ストラスブールの河岸でも同じような光景が見られました。

パリでは、セーヌ川河岸や運河での飲酒が禁止になり、ストラスブールではマスク着用義務の条例が発令されました。

世界遺産地区を含む市内全域が対象となり、違反者に対する罰金が38ユーロと厳しい内容。

「旧市街の河岸に若者のグループがマスクなしで集っているのを見かけ、危惧の念を抱きました。各自の危険に対する自覚と、感染リスクを回避する努力が不可欠です」、ストラスブール市長が市民に呼びかけました。

マスク義務条例の停止

発令から4日後、裁判所では4人の弁護士を含む6人の陪審員の立会いのもと、マスク義務化条例は「個人の移動に際してのプライバシー侵害にあたる」と判断され、停止の運びとなりました。

ストラスブール、河岸近くのの木組みの家々

ロレーヌ地方マスク事情

メッスではストラスブールのような厳しさはなく、マスクで身を守る人、気にしない人、いろいろのようです。マスク無しでは入れないお店が多くあるそう。

私はまだ40分間バスに乗ってメッスに行く勇気がないので、友達からの話とニュースでしか状況がわかりません。



「グロウリーみたいにマスクをしよう!」というメッスのポスター。
グロウリーはメッスの伝説上の怪獣。市民から愛されている存在です。

3月中旬に日本からフランスに戻った翌日、誰もマスクをしていない中、マスクをマフラーで覆い隠し、列車でメッスに到着しました。アルザス・ロレーヌで感染爆発が起こっていた頃でした。

迎えにきてくれた知人は、「マスクなんて全然効果がない」言っていました。

「マスクは感染防止には全く効果がない」と言い続けていた政府が4月以降マスクを勧め始め、人々の意識が変わっていきました。「『効果がない』と言っていたのは、国民に行き渡るマスクが無かったからでは?」という意見もあるよう。

図書館に勤務するヴェロニックは、メッス近郊の小さな町にお住まい。外出制限緩和の数日前から、小学校でマスクを配るボランティアをしていました。

フランスの市役所では、50回洗える布マスクを無償で配っています。

申請はインターネットから。後日、予約時間がメールで通知されます。

前年度の納税書類(居住地証明のため)、身分証明証と受取書を持って行くと、家族や近所の人達の分も受け取ることができる仕組み。健康上の理由で市役所まで行けない場合は、郵送も可能。

フランスらしく合理的。電話による申し込みがなかなか繋がらないのもフランス的。

登録済みの病弱な高齢者には、優先的に郵送されたそうです。

メッスの図書館 本の借り方

図書館での本の貸し借りも効率的に生まれ変わりました。

インターネット予約し、受付で受け取れます。

フランスの感染状況 5月25日

フランス国内の新規感染者 +365人 死亡者 +79

感染者合計 182,637人 ●144,974人.・・・感染確認者
           ●37,663人・・・老人ホームでの死亡者:                     (PCR検査を受けていない為、感染未確認)
・死亡者合計26,368人
・人口 69,990,000人
・死亡率 15.53%
・退院者合計 65,766人
・快復率 :36.01%

パリの感染状況
・感染者合計 54,024人
・死亡者合計  6,918人
・退院者合計 23,505人

グラン・テスト地域(アルザス・ロレーヌとシャンパーニュ地方)
・感染者合計 23,152人
・死亡者合計  3,368人
・退院者合計 10,256人

ワイン街道の街オベルネの肉屋さん

フランスの感染者数は2通り公表されていて、日本の新聞に掲載されているのは少ない方の数。

症状が出て老人ホームで亡くなった人達は、検査を受けていないため、感染が未確認。3万7千人以上の人達が、人工呼吸機なしで亡くなったとは・・・。

今でも、フランス国内の新規感染者は毎日300人以上。

日本で非常事態が解除され、アメリカでも閉鎖解除と経済再開。世界と閉ざされた国境は、今後どうなるのでしょう。これからますます難しい状況が起こり得る中、世界が分離ではなく協力で繋がりますように。

Coucou Chihiro, voilà une magnifique reprise d’une chanson de Barbara par deux femmes de la chanson française actuelle…piano et guitare se répondent à merveille

最後はヴェロニックお勧めの、バーバラの歌をどうぞ。♬

ロレーヌ地方はサクランボの季節になりました。ヴェロニックの家のお庭です。

ブログランキングに参加しました。読んでくださりありがとうございます。クリックしてくださると嬉しいです。↓


人気ブログランキング

商店再開 5月のストラスブール

Le 18 mai 2020

フランスはみるみる日が長くなり、夜8時半を過ぎても昼間のように太陽がさんさんと降り注ぐようになりました。今朝も好い天気。前庭で巨大に育ったタンポポの茎につがいの小鳥がやってきました。

Andlau アンドロー村

アルザス地方、バ・ラン県、アンドロー

ストラスブブールから車で30分程のところにある、アンドローという小さな村に行ったことがあります。ぶどう畑に囲まれ、川のせせらぎと鳥のさえずりしか聞こえない、時の止まったような場所でした。

数年前の今頃訪れました。

同じアルザス地方でも、コルマールを県都とするオ・ラン県とは雰囲気が異なり、北部のバ・ラン県(県都はストラスブール)は一層ドイツ色が濃いように見受けました。

アルザス料理

スフレンハイムという街で焼かれた伝統的な陶器を使って作る、肉とジャガイモのオーブン重ね煮込み「ベッコフ」が有名です。

まだ各家庭にオーブンが無かった時代の話。村に一軒あるパン屋さんでパンが焼き終わる時刻になると、村人たちが各家庭の「ベッコフ」を持ち寄る習慣がありました。、パンを焼き終わった後の大きな釜の余熱を利用して、一晩かけて村人たちの「ベッコフ」が一緒に調理されていました。 古くからの人々が助け合って生きる「団結」の文化は今も受け継がれているよう。

軽く食事をしたいときに人気なのが「タルト・フランベ」。長方形に薄く伸ばしたパン生地に生クリームのソース、ベーコンとタマネギのみじん切りを乗せ、300度の釜で2、3分焼きます。出来立ては香ばしく、家庭でもよく作られます。

★こちら

 から、アルザスの広大な景色をご覧いただけます。模擬フランス旅行をどうぞ。♪

https://www.paysdebarr.fr/fr

Strasbourg ストラスブールの旧市街

プティット・フランス

ストラスブールはライン川の支流イル川に臨む歴史のある街。
中世の木造家屋が数多く保存されている旧市街は、世界文化遺産に登録されています。ドイツとフランスの狭間で独特の生活文化や食文化、職人技が発展しました。

街中で時折見かける「ヴァン・ステュブ」と呼ばれる店は、アルザス風庶民の食事処といったところでしょうか。アルザスの郷土食が出されます。

かつて革なめし職人や粉屋、漁師たちの地区だった「プティット フランス」は、白壁に黒光りする梁が特徴の建物が立ち並ぶ、散策の楽しい所。お菓子屋さんには、アーモンド入りのパン菓子「クグロフ」や数種類のスパイスが入った伝統菓子「パン・デピス」、粗塩をまぶして焼かれた「ブレッツェル」が並んでいます。

街の中心の本屋さん

5月11日の外出制限の緩和から1週間以上経ちました。


商店や産地直送の生鮮食料品を売る屋外市場が再開され、
公共交通機関は、75%が再開されました。

国鉄の駅の入り口では月曜日と火曜日には10万枚のマスクが無償で配られ、消毒液の機械も設置されました。列車の運行は、4、5週間後に100%の回復を目指しています。

全く新しい規則に従い、慎重にウイルスとの共存生活が始まりました。初めてのことに政府も試行錯誤をしているようです。日々状況が変わり、細かい条例や新しい試みが生まれています。

現在もウイルスが蔓延している「赤ゾーン」に分類されているアルザス地方では、緑地や公園はまだ閉鎖中。


レストラン、カフェ、バーは、6月上旬に再開する可能性があるとのことです。まだはっきり分かっていません。映画館や劇場、大きな美術館や博物館の再開は、当分先になりそうです。様子を見ながら慎重に検討するとのことです。

フランス全開の感染状況 5月19日

放送「フランス・ブルー」のサイトより
5月19日のフランス国内の感染情報

バ・ラン県(県都 ストラスブール)の状況 5月18日

●現在の入院者数: 648人(内58人が集中治療室)

●退院者合計: 2055人(前日の9人増)●死亡者601人(前日の3人増)

●老人ホームでの死亡者の合計446人(5月15日現在)

政府が「マスクの正しい使用法」を指導

スペイン風邪が流行った第一次大戦の頃、フランス人はマスクをしていたようですが、以後フランスの人々の間にはマスク文化が全くありませんでした。

保健衛生省が国民に使用法を説明した図が出ています。

慣れていないので、使い方がわからない人が多い様子。「鼻と口を覆いましょう」と説明書きがあります。

先日近所に配達にやってきた人もマスクを着用していましたが、口を覆っているのに、鼻が全部出ていてびっくりしました。

外出制限の緩和初日のストラスブール

2ヶ月ぶりに外出が自由になった5月11日のストラスブールの街の模様が、フランスの民放局「TF1」のニュースで放映されました。

大聖堂の前で6年前から演奏をしている音楽家の活動再開や、街の小さなアイスクリーム屋さん、散策する人々の穏やかな笑顔が印象に残りました。

今週の絵本♪

この絵本を開くと、ブレッツェルを焼きたくなります。アルザスの伝統料理の本に載っていたレシピを参考にしました。自家製は格別ですね。

今日も良い1日をお過ごしください。では、また。♬

外出禁止中と緩和後のメッス

今日のロレーヌ地方は真っ青な空が広がり、窓を開けると初夏の匂いがします。小鳥のさえずりに混じって、カッコウの鳴き声が時折聞こえてきます。

メッス市民が愛してやまないサン=テティエンヌ大聖堂

フランスでは5月11日から、外出制限の解除が段階的に行われています。

100キロ以内の外出禁止は解除され、100キロを超えても県内なら自由に移動ができるようになりました。

居住地から直線距離で100キロを超える、県外への外出については、職業上、家族や脆弱な人を助けるため、診察などやむを得ない理由がある場合のみ可能。引き続き許可証の携帯が必要です。

https://www.geoportail.gouv.fr/carte

↑政府のサイトで移動できる範囲が検索できるようになっています。

赤ゾーンと緑ゾーン

今のところ、フランス国内は感染状況やPCR検査の実施能力によって、ウイルスが活発な赤ゾーンと、感染リスクの低い緑ゾーンに分けられ、制限解除が異なっています。

北東部の我アルザス・ロレーヌ地方やパリのあるイル ド フランス地方は、赤ゾーン。まだ仕事に復帰できない人たちも多くいます。

この分類の仕方に関しては、ストラスブール市長が、街のイメージや活動に悪い影響を与えるとして、保健衛生省相に対して取り消すよう手紙を送りました。

地元の黄色い石で造られた大聖堂

メッスの県庁に勤めるトマさんは、外出禁止中は最低限のサービスを提供するために週1回の勤務でしたが、制限解除後は3日勤務。以前のように働けるようになるまでは、まだ時間がかかりそうです。

メッスの図書館

La bibliothèque de Metz

図書館は週2回のみの開館。

外出禁止前に借りた本を返す場合と、インターネットで予約した本を借りる場合のみの利用が可能になりました。建物の外にマスクをした職員が出て対応。館内に入ることはできません。

助け合いの心

メッスがドイツに占領されていた時代に建てられたプロテスタント教会

非常時のフランスの人達の団結力は素晴らしく感心します。

自力で買い物に行けない身体の悪い人や孤立したお年寄りたちは、外出禁止中、市役所に電話をすればすぐに援助を受けることができました。

フランス赤十字も、戦地で活動していた人員をフランス本土に召集し、各地で無償の食糧援助を行いました。

メッスの植物園の中。今頃はバラが咲き誇っていることでしょう。

メッスを含む感染の深刻なフランス北東部は、リヨンやパリ同様、緑地や公園が閉鎖されました。

晴れた休日の散歩をこよなく愛するフランスの人たち。大きな街の中心の住人にとって、自然を愛でることも許されなかった2ヶ月は困難だったことでしょう。

プランドと呼ばれる緑地のアヒル

「最初の1週間は特に大変だった」友人たちは口を揃えて言います。

メッスの植物園。黒鳥やカモもいます。

メッスのど真ん中に暮らす友人カップルは、モーゼル川の畔の木陰で卵を温める白鳥を見つけ、毎日散歩がてら見に行っていたそう。みんな日々、小さな幸せを見つけて頑張って家にいました。

赤ゾーンのメッスの街でも少しずつお店の営業が再開されています。

メッスの古い小さな礼拝堂。

メッス駅の裏の新市街、ポンピドゥーセンターの向かいにある新しいショッピングセンター「ミューズ」も再開。ここの1階にはユニクロが入っています。入り口には消毒液の機械が取り付けられ、入館者にマスクが配られています。

公共交通機関

電車やバスは乗車率を50%までという規則で運行再開。バスの乗り降りは後ろのドアを使用し、運転手に近づくことはできません。乗車中のマスク着用が義務になりました。

田園を走るバ中距離スの内部

ロレーヌ地方の田園を走る中距離バスは、後ろの入り口から乗ると運賃を支払う手段がありません。定期を持っていない場合、当分の間、運賃は無料だそう。

◆外出制限下、空から見るメッスの街並み◆

ドローンで撮影された外出制限中のメッスの動画です。

歴史のある古い建造物の多いメッスの街並みをお楽しみください。♬

この動画を作った会社の広報担当の方は大変な親日家で、連絡をしてみると、日本語の返事が来ました。外国生活をしていると、このようなことにも喜びを感じます。九州の秋の山に感銘を受け、既に7回も来日したのだそうです。

田園の風景🎵

封鎖中、田舎では以前と全く変わらない景色が広がっていました。
お百姓さんはいつも通りに働き、4月の初めにいつも通りに牛が放牧されました。

Lue  France

私のうちからメッスまで車で30分ほど。草原と森に囲まれ人里離れた、バス停のある道路まで歩いて40分かかる所です。

5月の我が家 Chez moi

外出禁止中の2ヶ月間、外界の様子はインターネットと友人との電話でしか分かりませんでした。 

気にかけて電話をくれた友人たち、メッセージを送って下さった日仏両国の人達の暖かさに日々感謝の気持ちが募るばかりでした。人の優しさや繋がり、友情に救われました。来る日も来る日も感謝しかありませんでした。

外出禁止中の合言葉「家にいよう」は、緩和後「命を守ろう。慎重でいよう」に変わりました。

外出制限は緩和され経済活動は再び始まりましたが、フランスのみんなはかなり気をつけて日常生活を取り戻そうと頑張っています。

この危機を境に、競争ではなく、手を取り合う関係が世界中に広がりますように。

追記 5月20日の状況

保健衛生省のHPより

フランス全体の新規感染 +766人 死亡 +106人

イル・ド・フランスの患者数 53,727人 死亡 6,844人 集中治療室 23033人

グラン・テスト地域圏の患者数(アルザス・ロレーヌ地方、シャンパーニュ地方)患者数23,008人 死亡者3,331人 集中治療室10,042人


人気ブログランキング

↑ブログランキングに参加しました。応援してくださると嬉しいです。♬