手作り蕎麦で年越しそば🎵TOSHIKOSHI-SOBA: Neuilles de sarrasin du dernier jour de l’année

手作り蕎麦で、年越し蕎麦を作りました。

Le soir de la veille du jour de l’an, nous prenons le TOSHIKOSHI-SOBA; les nouilles de sarrasin pour fêter le passage d’une année à l’autre.

C’est pour souhaiter que nous menions une vie humble et longue. 

そば粉を少なめにすると、生地を寝かす時間が1時間でも、十分おいしくできる。

一人分当たりの材料: 小麦粉150g、そば粉20g、水80ml強。

C’est bien prêt mes neuilles à la main.

細く切るのが難しい蕎麦も、パスタマシンを使えば、簡単で気軽。


麺同士がくっつきやすいので、たっぷり打ち粉をして、出来上がった麺にも粉をよく振るとうまくできます。

暗くなってから茹でたので、写真がイマイチだけど、つやつやに茹で上がりました。

フランスにも蕎麦はあって、蕎麦切りにはせずに、食事用クレープ(ガレット)にする。

魚介類や卵、ハムなどに、ほうれん草、チーズ、濃厚なソースを乗せた、専門店の焼きたて熱々は、なんとも言えず香ばしい。

C’était succulent.

蕎麦は穀物の仲間ではないと、フランスの友達が教えてくれた。

フキのような形をした、甘酸っぱい西洋の野菜のような果物、「ルバーブ」と同じ仲間。

見た目が中華そば風だけど、大満足な晦日蕎麦でした。

Je vous souhaite une bonne et heureuse année.

2022年が幸せな良い年になりますように。


人気ブログランキング

タカキビのハンバーグ🎵Steak humbourg végétal

C’est millets, qui est l”ingrédient principal du plat d’aujourd’hui.

今日の一品は、タカキビとタマネギの穀物ハンバーグ。

Les japonais prenaient le repas quasi végétarien au moins jusqu”a la fin de l”époque Shogounat.

C’est pour ça que chez nous nous avons beaucoup de plats variés avec le soja.

“ Ha-n- bâ- gu”, le steak hanbourg comme le steak tartare, est venu de l”Allemagne au Japon après la guerre, et il est devenu un des plats étrangers très populaires dans la cuisine familiale surtout parmi les enfants.

Aprés avoir le trempé pendant une nuit. 一晩水に浸したタカキビ

L’origine du steak hambourg, des ouvriers achetaient de la viande dure et en hachaient pour faire le steak plus tendre.

Pour faire le “ hanbâgu japonais”, on mélange beaucoup d’ oignon haché et sauté, de la chapelure trempée dans du lait et quelque noix de muscade.

J’ai cuit du TAKAKIBI dans une petite casserol en terre .

一晩水につけたタカキビを、1、5倍の水でじっくり30分ぐらい炊きます。

Par contre pour “mon hanbâgu fâçon végétarien”, je mélange un oignon, de la farine de blé, de la chapelure, du KUZU ( arrow-root naturel ), un peu de sel avec de la céréale TAKA-KIBI, qui est la famille de millets.

C’est tellement bon avec un bol de riz ,la soupe de MISO et le TSUKEMONO ( légume salé fermenté pour accompagner le riz ), qui sont les base de chaque repas.

Après avoir cuit doucement pendant 30 minutes.

ふっくら火が通りました。

材料はこれだけ。

C’est tout, les ingrédients.

小麦粉、パン粉、葛、タマネギ、タカキビ、塩。

Quand on saute l’oignon à la poêle en fer ,Il donne de bon goût.

Vous melangez tout ensemnle.

材料を全て混ぜると、見た目は普通のハンバーグのよう。

ソースは和風、生姜醤油の大根添え。

Pour la sauce à la japonaise, j”ai utilisé de la sauce soja, du gingembre râpé et du radis blanc râpé .

野菜クズは、捨てずにとっておきます。

たくさん貯めておくと、おいしい野菜スープストックを作れるのです。

Les déchet des légumes, je ne les jette pas; on peut les utiliser pour faire du bon bouiion de légumes pour la soupe, la paella etc.

崩れやすいので、ゆっくりひっくり返します。

Vous trounez tout doucement car ils sont un peu fragiles.

熱々が食べ頃。

冷めると風味が変わってしまいます。

La soupe de MISO

Ce sont tous les ingrédients pour la soupe d’aujourd’hui.

C’est fait. Il est très facile de la faire.

Il faut à peu près 10 minutes.

日本の冬は、菜っ葉が豊富で、味噌汁がよりおいしい。

今日は、乾燥させた大根の葉を使用。

出来上がり。

具沢山の熱々味噌汁に、日本人の幸せを満喫。

À table.

外側がカリッ、生姜醤油と大根おろしが合う。

C’est bien croquant l’exterieur, et juteux l’interieux.

Il vaudrait mieux servir chand. Quand ils se refroidi, ils perdent le goût et le bonne sensation dans la bouche.

玄米ご飯にはゴマ塩がぴったり。

うちで作ると、とてもおいしい。

C’est GOMA-SHIO; du sesames grillés avec du sel grillé.

Il va bien avec le riz complet et il est très bon pour la santé.

普通に平和に、ご飯を作って食べられることは、本当に素晴らしいことだと強く感じる。

Le bon repas nous rendre heureux, n’est-ce pas ?


人気ブログランキング

和風鍋焼き幅広うどん&フィシュフィンガー風タマネギバー🎵UDON mijoté avec des légumes dans la marmite et frittes d’oignon

きしめんとも違って、厚みがある、幅広なうどんを作ってみた。

Quel plaisir de faire la cuisine; quand je fais tout à la main, j’ai de plus en plus de nouveaux idées.

Aujourd’hui, j’ai inventé ‘UDON large au curry mijoté dans la casserole en terre.

先日の「ニンジンのつくね風」のタマネギ版、フィッシュ・フィンガー風玉ねぎバー。

Et puis, ce sont des allumettes d’oignon que j”ai aussi inventés.

イギリスには、「フィッシュ・フィンガー」という、魚のフライがある。

料理に時間をかけないイギリス人の食卓に、度々登場する冷凍食品界の人気者。

野菜と穀物で、これに近いものを再現してみた。

Les ingédients sont seulement un oignon, de la farine de blé, de la chapelure et du sel, mais on peut faire très bon plat.

材料は、玉ねぎ大、1個、小麦粉、パン粉、塩だけ。

玉ねぎの半分弱は、すりおろし。

Vous râpez le moitié d’oignon, et ajoutez la farine et la chaplure.

残りはみじん切りにして、ごま油で炒めた。

Vous hachez le reste du moitié d’oignon, et le faites sauter.

Après l’avoir refroidi, vous le mélangez avec d’autre ingrédients.

混ぜると、野菜だけなのに弾力が出て、好きな形に形作れる。

Même s’il n’y a que le légume et les céréales, la pâte est élastique.

Alors on peut facilement former des barres d’oignon rectangulaires.

Après vous bien mettez de la chaplure sur les surfaces.

Ce n’est pas nécessaire de mettre de la farine, d’oeuf battu avant.

少ないごま油で、揚げ焼き。

Si vous utilisez seulement 1 centimètre d’huile, pour vos frittes vous pourrez les faire en tout simplicité.

崩れやすいので、ひっくり返すときは、フライ返しで。

Comme c’est un peu fragile, vous les tournez avec soigneusement.

カリッときつね色。 

食欲をそそる。

C’est bien doré. Ils éveillent l’appétit.

玉ねぎの旨味たっぷり。

醤油をたらすと、炊きたてご飯が進む。

Ils sont très bons avec tout petit peu de sauce de soja en prenant avec un bol de riz complet.

自己流 幅広うどん

先日、きしめん風の麺を作って、鍋焼きうどんにしたら、薄く伸ばしすぎて失敗。

土鍋の余熱で麺が切れ切れになり、ワンタンみたいになってしまった。

Mon UDON large à la main.

煮込む場合の幅広うどんは、うどんと同じ厚さが断然おいしいと発見。

C’est super bon quand on les cuit dans la soupe de curry aux légumes dans la marmitte traditionnelle japonais: casserole en terre.

うどんがピチピチ。出来上がり。

Comme si l’UDON frétillt comme poisson.

今までで一番おいしいカレーうどんが出来ました。

この太さと食感は、家でしか作れない味わい。

C’est mon meilleir UDON au curry.

On peut le goûter uniquement à la maison.

土鍋で煮る鍋焼きうどんは、極楽ごはん。

Qu’est-ce que c’est savoureux.

手作りうどんの魅力の虜。

C’est passionnant d”élaborer le udon à la main.

野菜と穀物で工夫して作る手作りごはんは、楽しくておいしい。

Et quel joyeux la cuisine de légumes avec céréals.


人気ブログランキング

鍋焼き和風カレーとにんじんのミートボール風🎵Riz au curry avec des boulettes de carotte

Le curry est un plat d’origine indien, mais comme les japonais s’intéressent beaucoup les cultures et les cuisines étrangers, nous l’avons bien adopté depuis longtemps dans notre repas familial.

余った味噌汁に、牡蠣とカレー粉を入れて、葛でとろみをつけると、とてもおいしいカレーになる。

煮込まなくたって、おいしい。

Le curry est un des plats étrangers très populaires au Japon.

Nous aimons modifier des plats d”autres pays pour accorder au notre goût.

Alors le curry japonais est tellement different que celui d’indien, mais c’est très bon.

カレーは魔法の粉のように、全ての料理をカレーに変えてしまう。

じっくり煮込んだオニオンスープや、野菜スープの残りにカレー粉を入れるだけで、様々なカレーができる。

作る度に違った味になって面白い。

Nous le prenons avec du riz qui est l’aliment principal et le plus important pour nous.

C’est aussi bon avec l’udon:l es grosses nouilles faote à partir de farine de blé.

ミートボール風🎵ニンジン団子Boulettes de carotte

昨日の「ニンジンのつくね風」と同じ材料を、ミートボール風にしてみた。

揚げ立てに、辛子醤油もいける。

カレーに乗せると、ボリュームたっぷりな昼ごはんになる。

冷めた玄米ごはんは、カンカンに熱した鉄のフライパンにゴマ油をジュッと熱して、焼くように炒め、焼き玄米にした。

q

和風カレー、揚げたてニンジン団子、ネギ、ユニークな組み合わせ。

自家製の紅ショウガはおいしいので、手作りがおすすめ。

野菜で作るごはんは、アイデアが尽きない。

作るのが毎日楽しい。


人気ブログランキング

ニンジンのつくね風🎵 Petit steak haché végétal

野菜と穀物だけで、つくね風を作りました。

材料はシンプル。

すりおろしたニンジン、

玉ねぎのみじん切り炒め、

パン粉、小麦粉、塩。

全部混ぜて、

小さなハンバーグみたいに丸める。

ソースは、みりんと醤油で作り、水で溶いた屑でとろみをつける。

付け合わせは、うちにあった小松菜の胡麻和え。

玄米が、いい頃合いに炊き上がりました。

いつものように、少ない油で揚げ焼きに。

こんがりキツネ色になったら、

みりん、醤油、葛で作ったソースを絡めて、出来上がり。

野菜と穀物だけなのに、ボリュームたっぷり。

玄米ごはんに、とても合います。

玄米菜食は、楽しくておいしい。


人気ブログランキング

玄米の炊き込みご飯🎵 TAKIKOMI-GOHAN

フランスにも自然栽培の良いお米があるけど、炊き込みご飯は、日本で作るのが断然おいしい。

根菜と調味料だけで、ご馳走に変身する炊き込みご飯はすごい。

玄米を土鍋で炊くのは簡単で、おこげのおまけがついて来る。

1リットルの計量カップがあると便利。

①寝る前に、玄米3合を入れ、

②水を1000の目盛りまで注ぐ(新米の場合)。

③翌朝、土鍋に入れ、弱火で20分かけて沸騰させ、蓋の穴に木栓をし、とろ火で30分炊き、数秒強火にして火を止める。

④15分蒸らして出来上がり。

炊き込みご飯の水分は、調味料と水を合わせて、1000の目盛りの2ミリぐらい上まで(固めが好みの場合)。

調味料は、炊く直前に合わせる。

玄米と水を入れる前に、10cm角の昆布を敷いておく。

L’Algue HIJIKI

C’est un paquet d’algue HIGIKI.

Comme le Japon est entourné de tous côté de la mer, nous pouvons avoir plusieurs algues diverses, qui sont très bonnes pour la santé.

フランスにも、自然食品店でブルターニュ産の海藻が手に入る。

1袋4〜5ユーロぐらい。

ひじきを極太にしたような、「海のスパゲティspaghetti de la mer」という名の海藻は、ゴワゴワしてるけど、良い出汁が出るので、フランスで味噌汁を作るのに最適。

ABURA-AGÉ : frite de TOFU

C’est un ABURA-AGÉ,TOFU frit que l’on trouve n’importe quel magasin pour la nouriture au Japon.

Il donne beaucoup de gout. pour les plats japonais 

En France, on en trouve dans des boutiques d’aliment japonais à Paris. 

Il est important de bien enlever de l’huile de l”ABUR-AGE dans de l’eau bouillie pendant quelques mimutes.

Il faut aussi bien éliminer l’eau avec un torchon avant de le découper.

油抜きして水分を絞った油揚げを加え、

弱火で20分かけて沸騰させ、沸騰後はとろ火で30分炊き、数秒強火にし、15分蒸らせば出来上がり。

Takikomi-Ghan, riz aux légumes est très populaire dans la cuisine familiale, chez nous et très facile à faire.

Les assaisonnements

Le SAKE, le Syôyu-koÏkuchi:sauce de soja, le Syôyu-usukuchi, ce sont des assaisonnements de base pour la cuisine japonaise.

À TABLE.🎵

言葉のいらない、日本の味。

ネギを切らしていたので、大根の葉で代用。

炊き込みごはん2 TAKIKOMI-GOHAN n°2

Comm j’avais aimé trop mon riz TAKIKOMI, je l’ai fait de nouveau le lendemain sans HIJIKI.

ヒジキ無しでも、同じくらいおいしく出来る。

Il était aussi bon.

Le riz est l”aliment le plus important pour les japonais.

Nous en prenons 2 ou 3 fois par jour avec la soupe de MISO, pâte de soja fermenté.

切りたての刻み海苔が、風味豊か。

L’algue NORI donne de la saveur.

外国に長く住んでみて、その土地でしか出せない土地の料理の味わいがあるのだと実感。

フランスで細心の注意を払って作った日本風米料理も、日本で新米と旬の素材でさっと作ったものにはかなわない。

空気や湿度の違い、その他、目に見えない何かがあるのかも知れない。

フランスの食べ物も同様、日本に大切に持ち帰っても、現地で味わえる飛び切りな風味は、変わってしまう。

Potimarron en vapeur et sojas noir s cuit.

C’est très simple main très bon.

粗食を続けていると、味に敏感になってくる。

蒸しただけのかぼちゃ、水で煮ただけの黒豆の自然な甘み。

素材自体の味が愛おしい。


人気ブログランキング

雪見うどん🎵YUKIMI-UDON: udon de naige

朝ごはんに、雪見鍋うどんを作りました。

J’ai fait l’UDON de naige ce matin. Au Japon, on prend normalement un repas salé le matin.

沖縄の不耕作の土地で、自然に育った野菜たち。

生命力あふれた大根がすごい迫力。

Ce sont des ingrédients tous naturels.

Les radis blancs japonais, qu’on appelle DAIKON, sont grands comme ça.

Il y a beaucoup de plats variés de daÏkon chez nous et on les beaucoup concomme surtout pendant l’hiver.

Le daÏkon est seul légume japonais que nous prenons cru.

大根おろしは、皮付きのままだと辛味が強く、味わい深い。

皮を剥く場合は、皮を刻んで3、4日干すと、芳しい切り干し大根ができる。

C”est un ustensile en bois de tradition pour râper le daÏkon.

大根おろしの水分は、鍋や汁物に入れると、旨味が出る。

Radis râpé est souvent la garniture des plats japonais.

材料の準備完了。

C’est fait la préparation.

今日もまた、うどんを作る

うどんの生地は、前夜に作って寝かせておくと、朝一番に使えて便利。

C”est pratique de préparer la pâte la veille au soir.

L’udon coupé avec le couteau spécial pour les nouilles.

切ったうどんは、しばらく寝かすと更に美味しくなる。

余ったら、そのまま干せば、結構長く保存できる。

O peut faire le udons séchés , si on le laisse une journée.

茹で立てを、ツユでいただくのも最高。

C’est très bon d”en manger tout de soitr avec TSUYU: du bouillon d’algue KONBU avec sause de soja.

生姜、柚子胡椒、柚子の絞り汁と醤油。

On met du gingembre râpé dans le TSUYU, ou on prend avec du mélange du jus de SUDACHI: le petit argumes japonais d’auttomne et sauce de soja.

薄めの味噌仕立てにし、少し薄口醤油をたらした雪見鍋うどん。

最高。

C’est merveille quand on délaie du miso et petit peu de saucz de soja dans la soupe bien chaud.

うどんの朝ごはんは温かくて優しくて、元気がモリモリ湧いてくる。

Il est tout doux un petit bol d”UDON le matin. Ça donne beaucuop d”énergie

今日の瀬戸内海 La mer du crépuscule d’aujourd’hui


人気ブログランキング

Merci pour avoir regardé mon article. Encouragez-moi en cliquant l’image. au-dessus, svp🎵

玄米の太巻き

玄米で、昔風な太巻きを作りました。

具材の準備

具材を一つ一つ煮ました。

手間をかけた甲斐があって、、とてもおいしく出来上がりました。

家で作ると何でも飛び切り。

2度油抜きをして、昆布だしと薄口醤油で煮含めた油揚げ。

このまま、いなり寿司にも使えます。

酢飯を作る

私のお寿司は、砂糖を使いません。

みりんや、玄米米飴で代用すると、とてもおいしいすし飯ができます。

みりんを煮立て、アルコール分を飛ばし、お酢を入れて煮立て、火を止めて梅酢を加えました。

ご飯は、普段より硬め。

寿司桶もうちわも揃っていないので、あるもので代用。

梅酢が入ると、酸味が柔らかい。

お寿司を巻く

冷ました具材は、水分をよく絞っておきます。

出来上がり。

具にしっかり味がついてるので、お醤油はいりませんでした。

元々外食をしなかったのが、フランスの長い外出禁止生活や飲食店閉鎖で、外で食事をすることが全くなくなりました。

最後にレストランに行ったのは、2019年の9月。

日本でも、2015年以来まだ外食していません。

作りたい料理がたくさんあり過ぎて、外のお店に足が向かず、

なるべく自然に育った食材を選び、作って食べる。

家で作ると喜びも3倍。

翌日のお昼ごはん

具たくさんのアツアツ野菜汁。

里芋。にんじん、大根、油揚げを煮込み、茹でた大根の葉を散らし、味噌で味付け。

野菜と油揚げのダシが溶け込んで、コクと旨味の宝庫。

日本人で良かった。

たくさん出来たので、友人にお裾分けしました。


人気ブログランキング

里芋の和風コロッケと煮しめ🎵Croquettes de SATOIMO

今日から3日間、台所の工事があるので、早起きして2日分のごはんを用意しました。

小松菜のおひたしなんて、何年ぶり・・・。

こんなに美味しかったのかと、しみじみ。

土鍋で炊いた、おこげのある玄米ごはん。

おにぎりにすると、腹持ちが良い。

おにぎりは、小さく握った小結びが好き。

乾燥ワカメを小鍋で炒り、すり鉢で細かくし、炒り胡麻とご飯に混ぜ、小さく握ると、ワカメ小結び。

細かくした梅干しを入れれば、ワカメ梅ムスビ。

素朴なおにぎり、心にしみる。

焼きおにぎりも、小さく握ると、香ばしい。

塩を付けずに握り、魚焼きグリルで焼き、狐色の焼き目がついたら、醤油をつけてこんがり焼く。

味噌をつけて焼いたのも、塩味も、どれもいける。

煮しめ LES NISHIMÉS

人生で初めて、煮しめを作りました。

こんなにおいしいものだったとは。

驚きと感動の嵐。

こんにゃくの煮しめ、最高。

小さな三角に切ったのが、おいしい。

日本料理は、切り方で味が変わる繊細さがいいな。

コリっとした食感がたまらない、ニンジンの煮しめ。

砂糖は使わずに、みりんで甘みを出し、酒、薄口醤油で味付けしました。

本物の良い調味料が、シンプルな料理を美味しくしてくれる。

てりてり、大根の煮しめ。心のふるさと。

出来立てでも、冷めても、優しい味。

おにぎりと煮しめ、無敵のコンビ。

CROQUETTES de SATOIMO 里芋の和風コロッケ

大きな八頭で、小さなコロッケを作りました。

1cm位の厚みに切った里芋を柔らかくなるまで茹で、つぶし、塩をひとつまみ加えて混ぜ、小さめに形作り、衣をつけて揚げるだけ。

1cm位の少ない油で揚げると、気軽に作れます。

衣は、卵を使わなくても出来ます。

❶里芋に小麦ををまぶす。

❷小麦を水で溶いてどろりとさせ、①の里芋をくぐらる。

❸パン粉を満遍なくつける。

これは、おいしい。

塩味の効いた里芋がいい。

タマネギを炒めて入れなくても、具を入れなくても、里芋と海の塩だけが断然いい。

からし醤油が合います。

日本のごはんって、なんて素晴らしいのだろう。

日本に帰ってきて3ヶ月以上。毎日感動ばかり。

フランスの材料で工夫して作った和食もどきに、毎日満足してたけど、日本で作る和食は、さっと作っても何でもおいしい。

料理は魔法だと、よく思う。

美味しく作りたいと思う気持ちが、料理を美味しくしてくれるように感じる。

友人たちを招待して料理をする時、どうしても最高の出来栄えにしたいとお腹の底から力強い気持ちが湧き上がってくる。

無我夢中で作る時、自分の魂と調理台の火が一体化して、一緒に創作している感覚に陥る。

そんな時、料理が魔法にかかる。

思わぬ失敗をして、新しい発見をすることも多々ある。


人気ブログランキング

今日も最後まで見てくださり、ありがとうございます。

↑応援のクリック、よろしくお願い致します。

けんちん汁🎵Soupe de KÉNCHIN,C’est super.

小さい時から大好きだったけんちん汁。

きちんと真面目に作ってみたら、すごいご馳走ができて感動。

見よう見まねで適当に作っていたのとは、全くの別物でびっくりしました。

イギリスにも、イタリアにもフランスにも、どこに住むことになっても、いつも荷物の中に大切に忍ばせた、日本料理の本。

土井勝先生の名著。この本には、素晴らしい日本料理文化の宝が詰まっている。

本の世界はいつでもどんな時でも、希望に溢れている。

けんちん汁には、油揚げと豆腐、里芋が欠かせない。

おいしく作るコツは、里芋をごま油でじっくり炒めること。

すると魔法のように、短時間でふっくら煮上がる。

油抜きした油揚げも、おいしさの素。

厚めの油揚げは、大きめに切るとふっくら最高。

具から良い出汁が出るので、ダシは昆布だけで充分。 

玄米餅を焼いて入れると、大満足な食事になります。

味付けは、薄口醤油だけ。

味噌味もいいけど、けんちん汁は醤油味が好き。

コツその2 

木綿豆腐は20分ぐらい時間をかけて、しっかり水を切る。

すると、これまたおいしさの魔法がプラスされる。

けんちん汁の作り方

鍋にごま油を熱し。里芋をじっくり炒める。

水切りした豆腐を手でつぶしながら加え、炒める。

ニンジン、大根を好みで加え、炒める。

油揚げを加えて、炒める。

出し汁を加える。具がひたひたになるぐらい。

里芋が良い具合に柔らかくなったら、小松菜を加える。

小松菜がしんなり、美味しそうに煮えたら、薄口醤油で、好みの味に。

けんちん汁の手順 動画 

簡単なのに、とってもおいしい。

土鍋で作ると、最高。

写真でおいしさを伝えるのは、難しい・・・。

百聞は一見に如かず。ぜひ作って、味わってみてください。

玄米もち入りけんちん汁

玄米もちは魅力的。

お米がぎゅっと詰まっていて、体が大満足、元気100倍。

フライパンか魚焼きでこんがり焼いて、熱いけんちん汁をジュッとかける。

言葉はいらない。無我夢中。

油揚げはシューシー。里芋はふっくら。

汁は程よい塩気と旨味がたまらない。

玄米餅がガツン。

あまりの素晴らしい素材のハーモニーに感動の嵐。。。

日本料理は本当にすごい。

けんちん汁を考えた人は天才だなあ。

食事を粗食に変えてから8年。

粗食は最高に味わい深くて豊か。

続けていくうちに、気がつけば、素材自体の味に敏感になっている。

ごま塩をかけた玄米ご飯に、熱い味噌汁が最高のご馳走だと本気で感じる不思議。

自然農法の作物は、生命力に溢れ、味が濃くて本当にすごい。


人気ブログランキング

今日も見に来てくださり、ありがとうございます。

↑応援のクリック、よろしくお願い致します。