葉っぱ天丼🎵TENDON aux feuilles de navet


小松菜とカブの葉で、天丼を作りました。

菜っ葉とニンジン、海藻を1cmぐらいの油で、揚げ焼きにしました。

アオサの天ぷらも、香ばしい。

海の塩が会う。

隣は、かぼちゃの皮の天ぷら。

アオサは、磯の香りがすごくて感動。 

玄米で茶めし

玄米は、夜寝る前に水に浸けています。

お米3合に対し、740mlの水。

今回は、水の代わりに番茶に漬け、

昆布と椎茸で、出汁をとりました。

翌朝、塩とお酒を入れ、蓋をして弱火で20分。とろ火で30分。

シイタケの出汁で炊くと。甘い日向の香りが漂います。

土鍋や鋳鉄鍋で炊いた、日本のごはんは素晴らしいごちそう。

カニ穴ができたら、美味しく炊けた印。

おコゲもできました。

天つゆは、みりんを煮立て、しょうゆ、出汁を加え、ふつふつ沸いたら出来上がり。

割合は1対1対1。

出汁がなければ、水でもできます。

炊きたて茶めしに、揚げ立て天ぷら。

熱い天つゆをたっぷりかけると、香ばしい葉っぱ天丼の出来上がり。

春になったら、野草を摘んで作るのも楽しい。

フランスの葉野菜 ふだん草

うちのフランスの庭で育てら、ふだん草

フランスでは、お昼のメイン料理の後に、たっぷりサラダをとります。

メイン料理がサラダの人もいる程、サラダ好きな国民。

ほうれん草、にんじん、セロリ、マッシュルームにビーツ、様々な野菜にレンズ豆や魚介類を組み合わせたサラダは、種類が豊富。どれも美味。

フランス人の作るドレッシングは絶品で、びっくりします。

フランス語でふだん草は、betteベットとか、 bletteブレットと言います。

葉の部分は30〜40cm。

筋をとって、グラタンにするのが定番。

フランス人はこれが大好き。

栽培が簡単で、手入れをしなくても、どんどん大きくなります。

摘んでも摘んでも葉っぱが出て来て、食べきれないほど。

うちのフダン草は、1メートルを超え、

10月を過ぎたら、花が咲きました。

濃厚な味の平ぺったいキノコと一緒に、オリーブオイルで炒めると、パスタにも合う。

変化する欧州事情 2021年11月

ドイツと国境を接するフランス、アルザス地方の街コルマール

第5波が始まったと言われる欧州。

各国で、新しい措置が次々と発表され、フランス海外県グアダループ、ベルギー、オランダなどでデモが熾烈を極めています。

オーストリア

●ザルツグルグ市は、11月15日から、未接種者限定の封鎖を開始。

対象者は、日用品の買い物、散歩などの最低限の運動、医療目的以外は、自宅を出る権利が無くなりました。

国は、国会承認後に詳細を発表予定。

ドイツ・・・ベルリンとザクセン地方

今まで
 接種者は接種証明書、未接種者は陰性証明の提示により、飲食店、スポーツ施設を利用できた。

2021年11月15日以降
未接種者の「陰性証明書」が無効になる。

未接種者に対し、レストラン(テラス席は除く)、バー、スポーツ施設、美容院の利用を禁止。

利用するためには、「接種証明」、又は「コヴィッド感染・回復証明」の提出が強制となった。

franceinfoのサイト

フランスの場合

コルマールのクリスマスの飾り

フランスでは2021年7月12日、大統領のテレビ演説にて、感染拡大した場合、未接種者限定の封鎖を行うと発表。

11月以降、65歳以上は、飲食店、文化、娯楽施設、図書館などの利用に、「3回目の接種証明」が義務。


人気ブログランキング

読んでくださり、ありがとうございます。                         ブログランキングに参加しました。↑応援のクリックをよろしくお願いします。