鍋焼き和風カレーとにんじんのミートボール風🎵Riz au curry avec des boulettes de carotte


Le curry est un plat d’origine indien, mais comme les japonais s’intéressent beaucoup les cultures et les cuisines étrangers, nous l’avons bien adopté depuis longtemps dans notre repas familial.

余った味噌汁に、牡蠣とカレー粉を入れて、葛でとろみをつけると、とてもおいしいカレーになる。

煮込まなくたって、おいしい。

Le curry est un des plats étrangers très populaires au Japon.

Nous aimons modifier des plats d”autres pays pour accorder au notre goût.

Alors le curry japonais est tellement different que celui d’indien, mais c’est très bon.

カレーは魔法の粉のように、全ての料理をカレーに変えてしまう。

じっくり煮込んだオニオンスープや、野菜スープの残りにカレー粉を入れるだけで、様々なカレーができる。

作る度に違った味になって面白い。

Nous le prenons avec du riz qui est l’aliment principal et le plus important pour nous.

C’est aussi bon avec l’udon:l es grosses nouilles faote à partir de farine de blé.

ミートボール風🎵ニンジン団子Boulettes de carotte

昨日の「ニンジンのつくね風」と同じ材料を、ミートボール風にしてみた。

揚げ立てに、辛子醤油もいける。

カレーに乗せると、ボリュームたっぷりな昼ごはんになる。

冷めた玄米ごはんは、カンカンに熱した鉄のフライパンにゴマ油をジュッと熱して、焼くように炒め、焼き玄米にした。

q

和風カレー、揚げたてニンジン団子、ネギ、ユニークな組み合わせ。

自家製の紅ショウガはおいしいので、手作りがおすすめ。

野菜で作るごはんは、アイデアが尽きない。

作るのが毎日楽しい。


人気ブログランキング