ぶっかけうどん🎵BUKKAKÉ-UDON

おいしすぎて、言葉にならないほど感動・・・。

鬼おろしを使うと、素晴らしい大根おろしができます。

おろす時に、水分が出ないので、大根のおいしさを逃さないのです。

こんな素敵な道具を考えた人はすごい。

おまけに木で作られた姿が美しい。

おろすのに、結構力が要ります。

これでうどんがおいしくなるなら、頑張れます

うどんを切る前に、薬味と、ぶっかけ用ダシを準備。

菜っ葉の天ぷら

昨日、自然食品屋さんで見つけた、沖縄のまんば。

半額になっていました。

菜っ葉の天ぷらは、あまり知られていないけど、ごま油のコクが加わって、とってもおいしい。

油をたくさん吸うのが玉に瑕ですが・・・。

大根おろしを一緒に食すると、油の消化を助けてくれます。

私は、フライパンに1cmほどの少量の油で揚げ焼きにします。

葛粉を入れて揚げると、よりカリッと香ばしくなります。

うどんを作る

最近、ほとんど毎日のようにうどんを作っています。

デジタル計りが届いたので、作りやすくなりました。

シンプルな「ぶっかけうどん」は、麺が勝負。

今日は3時間寝かし、切った後に、30分乾かすように、寝かせました。

熱湯で茹でる瞬間は、いつもワクワクする。 

寝かし時間が1時間だと、麺が切れやすいけど、3時間寝かせれば、うまく茹でられます。

ツヤツヤ輝く自家製うどんに出会う瞬間は、地球人で良かったと心底思う。

下準備完了、あとは盛り付けるだけ。

おいしくなるよう、念力を送る。

一度冷水でしめたうどんを、熱湯に入れて温め、薬味と天ぷらを乗せて、ツユをかけます。

ぶっかけのツユは驚くほど簡単なのに、おいしい。

ダシ150ml、薄口醤油30ml。

ダシは、昆布だけで充分。

昨日のお昼ご飯

残り物の里芋や、煮しめを包んで、蒸し餃子にしました。

冬は湯気が上がる料理が嬉しい。


人気ブログランキング

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

↑応援のクリック、よろしくね。

作成者: chihiro

2005年にフランスに渡り、トゥール、リヨン、パリで語学学校に通った後、美術の研修を受けました。現在北東部のメッスの近くの田舎で創作活動しながら、時々子供向けの手作り教室を開催しています。自然、料理、文具や紙類、アンティーク雑貨が大好きです。