手作り蕎麦で年越しそば🎵TOSHIKOSHI-SOBA: Neuilles de sarrasin du dernier jour de l’année

手作り蕎麦で、年越し蕎麦を作りました。

Le soir de la veille du jour de l’an, nous prenons le TOSHIKOSHI-SOBA; les nouilles de sarrasin pour fêter le passage d’une année à l’autre.

C’est pour souhaiter que nous menions une vie humble et longue. 

そば粉を少なめにすると、生地を寝かす時間が1時間でも、十分おいしくできる。

一人分当たりの材料: 小麦粉150g、そば粉20g、水80ml強。

C’est bien prêt mes neuilles à la main.

細く切るのが難しい蕎麦も、パスタマシンを使えば、簡単で気軽。


麺同士がくっつきやすいので、たっぷり打ち粉をして、出来上がった麺にも粉をよく振るとうまくできます。

暗くなってから茹でたので、写真がイマイチだけど、つやつやに茹で上がりました。

フランスにも蕎麦はあって、蕎麦切りにはせずに、食事用クレープ(ガレット)にする。

魚介類や卵、ハムなどに、ほうれん草、チーズ、濃厚なソースを乗せた、専門店の焼きたて熱々は、なんとも言えず香ばしい。

C’était succulent.

蕎麦は穀物の仲間ではないと、フランスの友達が教えてくれた。

フキのような形をした、甘酸っぱい西洋の野菜のような果物、「ルバーブ」と同じ仲間。

見た目が中華そば風だけど、大満足な晦日蕎麦でした。

Je vous souhaite une bonne et heureuse année.

2022年が幸せな良い年になりますように。


人気ブログランキング

作成者: chihiro

2005年にフランスに渡り、トゥール、リヨン、パリで語学学校に通った後、美術の研修を受けました。現在北東部のメッスの近くの田舎で創作活動しながら、時々子供向けの手作り教室を開催しています。自然、料理、文具や紙類、アンティーク雑貨が大好きです。