家庭菜園★Mon potager

5cm程のカボチャの苗を庭に植えて2ヶ月を過ぎると、想像以上にぐんぐん大きくなって、大きな花が咲きました。♫

すると、ミツバチが毎日沢山やって来るようになりました。

数週間後に、葉っぱの陰に小さな黄色い実を見つけた時は感動しました。

つるは10メートル以上に伸びて、庭から出て行きそうな勢い。

ズッキーニもカボチャの仲間です。

花がよく似ています。

フランスでは、イタリアのようにズッキーニの花が八百屋さんで売られていないので貴重。しおれないうちに摘んで、イタリア風天ぷら「フリッタータ」にしました。

あまりにも育つので、庭の半分は強制的にカボチャ畑になりました。

ズッキーニはかぼちゃより成長が早く、ある程度大きくなると一晩で巨大化します。

ラズベリーの木も植えましたよ。

ラズベリーが実る頃にはかぼちゃも色づき、おいしそうになってきました。

丸いズッキーニと普通の緑のズッキーニ、プチトマトを収穫。

黄色のズッキーニの中をくり抜いて、トマト味のご飯を詰めてオーブンで焼くと、南仏風の一品が出来上がります。

フランスのお店で売られているカボチャは水っぽく、煮物には適していません。見た目がおいしそうなだけに、日本人はみんな、結構がっかりします。

フランスでも「栗カボチャ」と呼ばれているけれど、栗とは程遠く、スープを作るのに適しています。

ところがなんと嬉しいことでしょう。菜園菜園のかぼちゃは、日本のかぼちゃ並みにホクホクでした。

いくらでも菜園で採れるのが嬉しくて、毎日のように鋳鉄鍋で煮ていただきました。日本のかぼちゃが渡仏以来何年も恋しかったこともあり、かぼちゃが大好物になりました。

自然に育ったカボチャは言葉にならないほど最高で、味付けも何もせず、鋳鉄鍋の中に少量の水を加え、弱火で蒸し煮にするのが一番。外国暮らしの日本人のとっては、素晴らしいご馳走になります。

昔は当たり前だった自然栽培の野菜も、今では贅沢なもの。大地の栄養たっぷりの自然栽培の野菜はダイナミック。ものすごい旨味がぎっしり詰まっていて、びっくりします。

初めて本格的な家庭菜園をしてみて、植物の生命力を思い知りました。自然の力、万歳。

肥料も全く与えず雑草もある程度残しておいたら、野菜に虫がつかずに元気に育ってくれました。

ただ、巨大なナメクジには参りました。毎日取り除いても何百匹も現れるのです。100個種を蒔いたニンジンは、レースのような繊細な葉が育ってくると、数日後には全て食べられてしまい、全滅しました。

5年ぶりのブログ再開

2014年にメッスから田舎に引っ越しました。

携帯電話の電波も、インターネットのケーブルも通っていない、森に囲まれた延々と緑の丘が連なるところです。。

辺りには、牛がたくさん。

いろんな種類の牛が、うちの窓から見えるのが楽しいです。

1年目は、庭作りに専念。裏庭が広大で、庭の向こうは草原と地平線しか見えません。

車で30分のところに農業学校があって、毎週水曜日に無農薬野菜のお店が開かれます。そこで不断草の小さな苗を買って植えたら、ぐんぐん育ってこんなのができました。

取っても取っても、面白いぐらいにどんどん大きくなります。

花の種をたくさん蒔いけど、何ヶ月も芽が出ませんでした。

芽が出てきても、雑草と区別がつかなくて、どうしていいのか分からないまま放置していたら、こんなに花たちが咲きました。

田舎の大地は、なんて豊かなんだろうと感激の日々。

これは、ベトラーブ。

日本語では「砂糖大根」とか「ビーツ」と言うのでしょうか。

種を蒔いた後、3ヶ月以上は何も出てきませんでした。全く育っていないのかと思っていたら、ある時から少しずつ芽が出てゆっくりゆっくり大きくなりました。

肥料も何も与えず、全くの自然栽培です。

野菜ってこんなにおいしい物なのかと驚きました。

この土地は、ずっと農薬も化学物質も使ったことがないのだそう。そのおかげで土壌がとても豊かなようです。

うちの周りには、野の花がたくさん生えています。

森にはブラックベリーや食べられる野草も自生しています。キツネやウサギ、リスにイノシシや鹿もいます。

インターネットは衛星回線でしか接続できなくて、契約のシステムがとても複雑。

それならとインターネットなしの暮らしを試してみたら、予想を超えて快適。テレビも見ないので、夜はゆったり時間が流れます。

夏から秋にかけては、庭で採れた野菜を使って料理をしたり、保存食を作るのが楽しみの一つ。

フランスに来たばかりの頃、特急列車の窓から見えるf田園風景に感銘を受け、いつしか田舎に住んでみたいと憧れていたものです。

昔住んでいたイギリスとはまた違った魅力のある、フランスの田舎が好きです。

長い間ブログから離れていましたが、また更新していこうと思っています。

時々遊びに来ていただけたら、とても嬉しいです。よろしくお願いいたします。

ボルニーの図書館でアトリエ開催

L’ATELIER de la Médiatheque de Metz L’AGORA 27/04/2019

2019年4月27日土曜日、メッス郊外のボルニーという地区の図書館で、子供達向けのアトリエを開催しました。定員以上の子供たちが申し込んでくれて、キャンセル待ちリストも一杯で感激でした。

図書館での活動は、今年で2年目です。

今回のアトリエは、紙で作るおうち。

予定は1時間でしたが、2時間以上もの間、みんなすごい集中力。最初はみんな緊張して静かでしたが、。後半はみんな打ち解け、笑いの溢れる時間を過ごしました。

おうちが完成すると、みんな満面の笑み。

準備に時間がかかったけど、みんなの笑顔を見ると苦労も吹き飛びます。

写真を撮る前に、日本のピースを教えました。

アートを通じてみんなと仲良くなれて嬉しい。

子供達の色使いのセンスは素晴らしいなあ。。。

日本人が思いつかないような色の組み合わせに感心。


最後にはたくさん質問をされ、漢字でサインまで頼まれました。

写真撮影は、すごい盛り上がりようでした。

みんな、来てくれてどうもありがとう。またね。

テスト

新しいCHIHIROのフランスの暮らし、テストしています。

フランスの過去の記事を追加中です。

また遊びに来て下さい。♬