ドイツ、仏,伊の重症者を受け入れ


2020年3月20日

3月15日、感染者が4千人を超えたドイツは16日から国境を封鎖。その後20日までに、イタリアとフランスの重症者を受け入れを決定。欧州は再び団結。

ドイツは感染者の死亡率が他国に比べて並外れて低く、病院のベッド数は欧州一。

3月20日、ドイツ南部のバーデン・ヴュルテンベルク州の病院へ、フランスで最も感染が深刻なアルザス地方の重症患者が軍用ヘリコプターで搬送されました。

アルザス地方のコルマール病院とミュルーズ病院は、感染拡大で忙殺。アルザス地方のオ・ラン県議会議長は、次のように説明。「私達は、ドイツのバーデン・ヴュルテンベルク州に援助を依頼しました。翌日3月21日土曜日、深夜0時27分、返事を受け取りました、メールには、フランスの患者の受け入れが整った病院の一覧が記載されていました」。

同日午後には、アルザス地方の重症者がドイツのフランブルグ・アン・ブリスガ市の病院の集中治療室に到着。

「我々にとって独仏友好と連帯は重要。ライン川流域の国境地帯の協力は密接です。必要な時、我々は隣国を助け、支え、最善の措置を実行していきます」 ドイツ南部バーデン・ヴュルテンベルク州の大臣のバウエ氏は決意を表明。

フランスの地図 chihiro-france.com
アルザス地方の患者を乗せたヘリコプター

ドイツ国内の73の病院で受け入れ態勢が整い、イタリア、ロンバルディア州からの重症患者達がケルンに到着。

ドイツの集中治療室では現在役1,500人が治療を受けています。そのうち1,100人は人工呼吸子が必要。ドイツ政府は人工呼吸器を一万台まで増やす方針です。

3月31日火曜日 連帯は続く

新たにアルザス地方の6人の重症者がドイツに到着。飽和状態のフランス東部の医療従事者の負担を軽くするため、アルザス地方の重症者は。軍用ヘリコプターでドイツへの病院へ次々と移送されています。

無料新聞20Minutesのサイト ニュースの動画が視聴できます。↓

https://www.20minutes.fr/strasbourg/2752007-20200331-coronavirus-alsace-six-patients-francais-atterri-pres-hambourg

アルザス地方

アルザス地方はブドウ畑の広がる豊かな土地。長い間ドイツとフランスの間で翻弄された歴史により、独自の文化が生まれました。

ブドウ畑の周りには小さな魅力的な中世の村が点在します。

感染状況 4月1日

4月1日現在、フランスの感染者は5万2128人、うち死者3523人。

3月16日に感染者が4,000人だったドイツは、2週間で6万9335人に急増。死者は773人。イタリアの感染者は10万5792人、死者1万2428人です。米国の感染者は19万人近くになりました。