フランス語学留学inトゥールNo.4  【学校主催のトゥールの歴史観光】


2005年4月4日 その4 Le 5 avril 2005, à Tours

 クラスメートとの昼食後、

 校長のエルベさんの案内で、他の新入生たち十数人とトゥールの街を観光しました。

1・トゥールはどんな街?

フランス中部に位置し、温暖な気候に恵まれ、「フランスの庭」と称される、「アンドル・デ・ロワール地方」の古都トゥール。

ルイ11世の時代には首都が置かれ、現在ではロワール川流域の古城巡りの拠点として知られています。

フランス最長のロワール川の中流にのぞみ、中世には、宗教と学術の中心でした。

バルザックの生地でもあります。

パリの南西225kmに位置し、パリからは特急で50分ほど。人口は約13万人。

トゥールのある地方は「トゥレーヌ」と呼ばれ、

丘陵の織りなす起伏のある地形が続いています

ロワール川の支流であるシェール川、アンドル川、ビエンヌ川が、

この地方の景観を独特な美しいものにしているのだそうです。

白アスパラガス、マッシュルームなどが栽培され、ブドウ畑の続く小ささ村々では、古くからヤギのチーズが造られ、パリに出荷されて来ました。

古くから川の流域に商工業が発達し、現在はワインや農産物のの集散地であり、出版、家具、薬品などの産業が盛んです。

トゥールの名前の由来は、ローマ時代住んでいた「トゥロネス」という部族から来ているのだそう。


2 街の中心★プリュムロー広場

現在制作中の私の作品です。
プリュムロー広場

ジャン・ジョレス広場が新しい市街地の中心なのに対し、

プリュムロー広場は歴史ある古い街の中心。


市民に愛され、訪れる旅人を引きつける魅力が詰まっています。

百年戦争の頃、「オルレアンの少女」

ジャンヌ・ダルクが軍隊を率いてこの広場を通ったそう。

15世紀の木骨作りの家々に囲まれ、

洒落たカフェやレストラン、アイスクリーヌ屋にクレープ屋、テイクアウトのお店が軒を連ねています。


広場の真ん中には、たくさんのテーブルと椅子が並べられ、

夏時間の間は夜遅くまで賑わうのだそう。

 

建物の2階より上は、住居になっています。

アパートとして貸し出しているので、空きがあれば住むことができます。

築500年以上経っているので、床が傾いていて住み心地には少々難があるのだそう・・・。

3 トゥールの歴史的地区

プリュムロー広場のある旧市街は、全て歩行者専用になっていて、

石畳の路地にに沿って、古い趣のある街並みが続いています。

 

カード専門店、絵本専門店、ワインショップ、画廊・・・。

個性あふれる商店がキラキラしていて、

フランスに来たばかりの私には全てが目新しく、

眺めているだけで楽しい。

 

街並みも人々も、今まで滞在したことのある

イタリアともフランスとも異なった文化のが感じられる。

トゥールには、大変良いチャコレート専門店があるのだそう。

今後、学校帰りに散策するのが楽しみです。

4 サン・ジュリアン修道院

10世紀から16世紀にかけて、ベネディクト修道会の建物がいくつも建てられました。

トゥール市のサイトに写真が載っています。


その中でも、トゥールの「サン・ジュリアン教会」は重要な歴史的建造物。

トゥール市のサイトより。


一般公開はされていませんが、トゥール市のホームページで内部の写真を見ることができます。

教会は、ロワール川にかかるウィルソン橋に続く大通り、rue National(ナショナル通り)に面しています。

地図をどうぞ。♬

★サンジュリアン教会 
サイト file:///Users/chihiro/Downloads/Laissez-vous%20conter%20l’%C3%A9glise%20Saint%20Julien%20de%20Tours.pdf

住所 20,rue Nationale 37000 Tours

教会の近くには、

修道院の共同寝室として使われていた建物があり、

現在「職人文化の美術館」になっています。

フランスには「徒弟制度」というものがあり、
職人になるには親方につい一定期間の修行をします。


見習い工たちの優れた作品が集められ、この美術館に展示されています。

修道院の集会所とワイン貯蔵庫も見学できます。

職人文化美術館  le musée du compagnonnage                     サイト https://www.museecompagnonnage.fr/le-compagnonnage/histoire

住所 8,rue Nationale 37000 Tours

5 サン・ガシアン大聖堂

サン・ガシアン大聖堂は、1170年から1547年にかけて作られた、高さ70メートルのゴシック様式の壮大な建物です。

聖堂内では、18世紀のステンドグラスや16世紀のパイプオルガン、12世紀の象牙の聖ひつを見ることができます。


大聖堂のサイト https://www.paroisse-cathedrale-tours.fr/

住所 Place de la Cathèdrale, 37000 Tours

読んでくださり、ありがとうございます。                         ブログランキングに参加しています。

↓応援のクリックをいただけると嬉しいです。


人気ブログランキング

追記 2020年8月27日 Le 27 août 2020 ,à Hayes

【メッスのサン・ジャック広場】

先週まで40度近い猛暑でしたが、急に秋の気配。

気温がだいぶ下がり、肌寒くなってきました。

私が現在暮らしているロレーヌ地方の県都はメッス。

ここにも、トゥールのプリュムロー広場のようにレストランやカフェの集る広場があります。

「サン・ジャック広場」は、日本語にすると「帆立貝広場」。♬

 

ロレーヌ地方の中心都市メッスの
サン=テティエンヌ大聖堂。

 

メッスの人たちがこよなく愛する「サン・テティエンヌ大聖堂」に近く、夏はテラス席に集う人たちで賑わい、冬はクリスマス・マーケットで華やかになります。

フランス留学 トゥール滞在記 ♬ 過去の記事